FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 食品全般

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

中国茶:中国茶と健康ブーム

中国茶中国茶と健康ブーム

 「ダイエットに効く中国茶はこれ!」「体があたたまるお茶はこのお茶」一方で「中国茶を飲みすぎるとお肌の潤いまで流してしまう」という説もあり私たちは何を信じてよいのかわからなくなります。

 生活環境を表す言葉に「身土不二(しんどふじ)」という言葉があります。この言葉は「体(身)と環境(土)は二つに分けられない(不二)」という意味で、住んでいる土地のものを食べることが自然と人との調和をとるための良い方法という考えをあらわしています。

 暑い気候の地域では体の熱を冷ます性質のものがとれます。日本でも夏の暑い時期には陰の性質を持ち体を冷やしてくれるものが旬となります。トマトやナス、キュウリなどがおいしくなりますよね。

 「秋茄子は嫁に食わすな」の本当の意味するところはナスが体を冷やす食べ物だから、子供を産む大事な時期を迎える女性の体を冷やさないようにいたわろうということなのだそうです。また寒い気候の地域や日本の冬の時期には体を温めてくれる食材が収穫できます。自然が生物にとって大事なものを与えてくれるようにできているのですね。

 中国と日本の食生活をふりかえってみましょう。

 中国にはバラエティに富んだ豊かな食文化がありますが、日本食に比べると脂っこく、しっかり味付けしたものが多くなります。日本人は米を中心とした自然の食材の持ち味を生かした料理がメインです。長い農耕生活によって培われた日本人の遺伝子は米や野菜、そして魚などをスムーズに消化し、少ないカロリーでも栄養を蓄える力が強いそうです。つまり脂っこいものや、大量の肉を頻繁に食べるのは得意でないということです。

 そうすると中国の風土や食文化にあわせて作られたものを、生活環境を無視してダイエットにいいから、とか代謝が良くなるからといってむやみやたらに取り入れるのはちょっと待ったという声が聞こえてきます。普段さっぱりとしたものを食べているのに油を流すものを一生懸命とればお肌のつやが流されてしまうということですよね。

 もちろんいろいろな国の食文化を楽しむことはすばらしいことですしかしそれが行き過ぎて体を蝕む習慣になっては大変なことになってしまいます。中医学の考えでは人は自然の一部であり、宇宙の一部。そして人の中にも小宇宙があると考えます。身の回りの「自然の恵み」に立ち返り、感謝しながら食を、お茶を楽しむということができればとても幸せではないでしょうか。



2009年4月8日15時28分配信 サーチナ


最近の中国ではあまり医食同源というようなものがない気もするが…
スポンサーサイト

韓国料理を2017年に世界5大料理に、推進戦略発表

韓国料理を2017年に世界5大料理に、推進戦略発表

農林水産食品部は6日、2017年までに韓国料理を世界5大料理に育てることを目標にした、世界化プロジェクトの詳細となる「韓食世界化推進戦略」を発表した。韓国料理産業化に関する国内4課題と、韓国料理の海外進出拡大に向けた5課題の計9課題からなる。
 まず国内では、規制中心の食品衛生法とは別に、外食産業振興法を年内に制定する。これは外食業の創業を促進し、外食産業振興施設に対する資金支援や専門家養成など外食産業先進化を目指すもの。

 食品企業の投資を拡大するため、来年から食品産業投資ファンドの新設に取り組み、2013年までに500億ウォン規模でつくる計画だ。年内には農林水産業従事者の信用保証基金の保証対象に食品企業を含めるなど、関連法の改正も進める。このほか、有名ホテルや大学と連携し専門家理教育を実施し、フランスのル・コルドン・ブルーのような海外有名料理学校に韓国料理講座を新設する案も推進される。国公認の資格証「国際韓食料理資格証」を導入する案についても関連官庁で話し合う。

 世界進出に向けては、韓国料理の機能性と商品性を向上させる技術を開発するため、上半期中に食品産業研究開発(R&D)中長期計画を立て、キムチや塩辛などの発酵食品や伝統酒が世界で受け入れられるよう味の開発に取り組む。また、食堂の高級化と安全性強化で韓国料理のイメージアップを図ったり、外国人が好む代表的なメニューの調理法を標準化、普及させ理解度を深める。

 農林水産食品部はこうした内容を、7日にソウル市内で開かれる「韓食世界化2009国際シンポジウム」で正式に発表し、ここでの議論内容を踏まえ5月中に最終確定する計画だ。



2009年4月6日16時28分配信 YONHAP NEWS


流石にこれは厳しいのでは…

茶工場7万社の売上高、リプトン1社にかなわず=お茶の国の厳しい現状―中国

茶工場7万社の売上高、リプトン1社にかなわず=お茶の国の厳しい現状―中国

2009年3月9日、北京商報は記事「中国7万の茶工場リプトン1社にかなわず。インド産より4割安い茶葉価格」を掲載した。

お茶の国として知られる中国だが、産業という観点から見た場合、国際的な影響力は極めて小さい。昨年末の新華社の報道によると、中国では年間120万トンの茶が生産されており、うち30万トンが輸出される。国際市場における平均価格は1キロあたり2ドル(約198円)前後。インド産より4割、スリランカ産より6割も安い。ケニア産と比べても2割も安い低価格となっている。

中国の茶栽培面積世界一だが、低価格のため7万社の茶工場の生産額は年300億元(約4330億円)程度。一方、国際大手・リプトンは一社で230億元(約3320億円)を売り上げている。こうした状況を生み出しているのは生産から流通まで全体を手がける大型ブランドの不在だ。中国では杭州市の龍井茶、雲南省のプーアル茶など地域と種類により販売ルートが縦割りとなっており、生産者から消費者の間にはいくつもの仲介業者を経る必要がある。そのため生産者の得る利益は限られた水準にとどまっているのだという。

流通を再編する近代的な企業の登場が待たれるが、市場が極めて分散していること、個別生産者との合意を得ることが難しいこと、巨額の資金を必要とすることなどの難題が待ち受けている。中国茶産業発展にはなお長い道程が待っているようだ。



2009年3月11日15時38分配信 Record China


食品問題でいろいろあったから、そういった副次的な要因も大きいと思うが…。
何より中国人が中国茶を飲まずにコーヒーとかになってると聞いたが。

韓米通商協議、韓国は韓牛と参鶏湯輸出許可を要求

韓米通商協議、韓国韓牛参鶏湯輸出許可を要求

韓牛韓国在来種のウシ)と参鶏湯(鶏スープの料理)の米国輸出に向けた通商当局間の協議が始まった。外交通商部は11日、韓国と米国間の通商懸案を点検することし最初の韓米通商協議を開催したと明らかにした。昨年10月以来、5か月ぶりとなった協議では、最近の経済危機で保護貿易主義の波高が上がるなかでの両国間通商懸案について意見が交わされた。
 韓国側は、韓牛の対米輸出に向け韓国を口蹄疫(こうていえき)清浄地域に認定するよう求めた。また、ロサンゼルスなど韓国人密集地域への輸出が可能になるよう、参鶏湯輸出検疫手続きの早期完了を要求した。このほか、米国側の反ダンピング制度運用(ゼロイング)の解決、「バイ・アメリカン」条項に関する具体的な運営案を求めた。

 一方、米国側は、医薬品、世界貿易機関(WTO)の衛生植物検疫措置の適用に関する協定(SPS)協定、貿易の技術的障壁(TBT)などを議題に掲げた。



2009年3月11日13時7分配信 YONHAP NEWS


韓牛というと韓国でもめったに食べれない高級品と聞いた事があるが…

<モスバーガー>100円台ハンバーガー、7月に発売

モスバーガー>100円台ハンバーガー、7月に発売

 「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは、肉を従来の4分の3に減らした100円台のハンバーガー2種類を7月初旬に発売する。同業他社より比較的高価格で知られるモスだが、景気後退を背景にした消費者の低価格志向に対応する。モスの100円台バーガーは29年ぶり。

 100円台のバーガーは、ハンバーガー(160円)とチーズバーガー(190円)。中高生など低価格志向の消費者に、手ごろな商品を提供する。

 また、満腹感を求める男性をターゲットに、肉を2枚重ねた340~470円の「W(ダブル)」シリーズ6品目を今月24日に発売。メニューのボリュームと価格帯の幅を広げ、多様な消費者の取り込みを狙う。

 日本マクドナルドも「100円メニュー」に加え、肉の量を2.5倍にした350~360円の「クォーターパウンダー・チーズ」を昨年11月に発売。ロッテリアも昨年11月、420円の「絶品ベーコンチーズバーガー」を発売する一方、中高生を対象にした100円の「ハンバーガー」も用意するなど品ぞろえを広げている。



2009年3月5日19時27分配信 毎日新聞


マックの追従だけはしないで欲しいなぁ…

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。