FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 食品毒物混入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

天洋食品回収のギョーザ、中国鉄鋼メーカーに大量横流し

天洋食品回収のギョーザ、中国鉄鋼メーカーに大量横流し



 昨年1月、日本で発覚した中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)により回収・保管されていたギョーザが、河北省唐山市の「唐山鋼鉄」など複数の鉄鋼メーカーに大量に横流しされ、同年4~6月ごろ、従業員やその家族らが食べていたことが23日、関係者の話で分かった。

 また、別の関係者は、中国国内で6月に起きた中毒事件の被害者が、同省承徳市の「承徳鋼鉄」の関係者4人であると明らかにした。4人は横流しされたギョーザを食べたものとみられ、中毒事件発覚後もギョーザが広範囲に出回るという、ずさんな管理実態が浮き彫りになった。

 ◆「福利厚生」名目で無料配布◆ 

 唐山鋼鉄従業員によると、冷凍ギョーザは昨年5月ごろ、会社から「福利厚生の一環」として無料配布された。対象は、正規従業員7000~8000人のうち夜勤者が中心で、日本で中毒事件が発覚し、輸出が禁止された天洋食品製「中華deごちそう ひとくち餃子」が2~4袋ずつ配られた。

 唐山市で本紙が確認した製品の包装デザインは黒色が基調で、事件当時公表された赤色基調のものとは異なる。輸入元企業の親会社の日本たばこ産業(JT)によると、黒色の商品は高級感を出すためデザインを刷新したもので、昨年2月から発売する予定だったが、事件発覚で日本国内には出回らなかったという。

 記載された賞味期限「2009年4月6日」から逆算すると、製造日は昨年1月6日で、天洋食品が保管していたものとみられる。多くの従業員がギョーザを食べたとみられるが、中毒など健康被害は伝えられていない。同省邯鄲(かんたん)市の「邯鄲鋼鉄」でも、昨年4~6月ごろ、2~3袋ずつ配布された。系列病院の職員を含め、約3万人に配られたという証言もある。

 一方、承徳鋼鉄従業員によると、ギョーザは「ひとくち餃子」で、昨年5月ごろ、同社周辺に4か所ある従業員食堂で販売され、購入者が列を作ったという。だが、1、2か月後、会社が突然、残っているギョーザの回収を開始。会社側からは、中毒患者発生などの説明はなかったという。

 中国筋によると、中国では、経営不振の企業などの救済策として、在庫品を低価格で他の企業などが買い取り、従業員に配布する行為が少なくないという。

     ◇

 JT・IR広報部は、天洋食品製造のギョーザの所有権について、日本に輸出され、通関に合わせてJT側に移る契約だったと説明。中国国内での横流しに関して、「非常に遺憾。天洋食品と接触できないため、打つ手がない」と話している。

 ◆中国製冷凍ギョーザ中毒事件=千葉、兵庫両県の3家族10人が07年末から08年1月にかけ、天洋食品製造のギョーザで中毒症状になった事件。ギョーザから有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出されたが、中国側は同年2月末、「原料、生産工程、輸送過程でメタミドホスが混入された状況は見つかっていない」との見解を公表。だが、6月中旬、中国河北省で4人が天洋食品のギョーザを食べ、中毒を起こしたことから、中国国内での混入の可能性が強まっていた。



2008年1月24日3時5分配信 読売新聞


やっぱり、中国の食品は怖いな。
スポンサーサイト

中国産ウナギから3倍の農薬、成田の食品会社に回収命令

中国産ウナギから3倍の農薬、成田の食品会社に回収命令



 千葉県は15日、中国から輸入した活ウナギから基準値の3倍の農薬が検出されたとして、同県成田市の食品会社「丸勝」(西勝光治社長)に対し、回収命令を出した。

 県によると、問題の活ウナギは今月3日、中国・福建省から輸入された1・5トン(約6000匹)。成田空港検疫所の検査で、基準値(0・01ppm)を超える0・03ppmの有機塩素系殺虫剤「ジコホール」が検出された。

 既に東京都や埼玉、千葉県内の食品加工会社などに販売されているが、これまでに健康被害の報告はないという。県衛生指導課は「検出された農薬は微量で健康への影響はない」とみている。ジコホールは果樹や茶などの害虫駆除に使われ、国内では生産されていないが、使用は認められている。



2008年1月15日23時18分配信 読売新聞


毒入り食品の中でもウナギが断然で多いなぁ…

三鹿集団に破産命令=中国粉ミルク事件

三鹿集団に破産命令=中国粉ミルク事件



 中国で有害物質メラミンに汚染された粉ミルクを飲んだ乳幼児が腎臓結石になった事件で、有力生産元の1つである乳製品メーカー、三鹿集団(河北省石家荘市)が河北省の裁判所から破産命令を受けたことが24日、明らかになった。三鹿に43%出資しているニュージーランド乳製品最大手フォンテラが発表した。 



2008年12月24日8時55分配信 時事通信


ニュージーランドが一枚噛んでるとはね…

中国製大豆かすからメラミン=仏

中国製大豆かすからメラミン=仏



 フランス西部の農協が10月末に輸入した中国産の家畜肥料用大豆かす293トンから有害物質メラミンが検出され、農協が11月初旬に市場から回収していたことが29日までに分かった。

 AFP通信によると、大豆かすの一部から基準値を約50倍上回るメラミンが検出された。大豆かすは検査前、仏西部ロワール地方の有機農場127カ所に引き渡されたが、家畜に影響は出ていないという。 



2008年11月29日17時24分配信 時事通信


なぜ大豆かすから…

中国のメラミン入り牛乳のその後

中国のメラミン入り牛乳のその後



ちょっと前に、世の中を騒がせていた中国のメラミン入り牛乳事件ですが、ご存知のとおり事件発覚後は大量のミルク製品がリコールされていましたよね。気になりません? 回収されたミルクたちのその後。

実を言うと中国の人たちも、どうやって破棄するか? その方法に頭を悩ませていたそうです。でも、ご安心ください。中国南部の都市は素晴らしいアイディアが登場したようです。それは…、レンガを作る時に、セメントの中に混ぜ込む液体として、メラミン入りミルクを使うというアイディア。

広州の食品安全局の主任Wang Fanさんが、レポーターに伝えた話によれば、窯の中で焼かれたミルクは、ビルを建築する際に使用するとのこと。この処分方法によって、中国政府は汚染されたミルクを川に流して魚を汚染したり、埋め立てて土地や地下水を汚染したりしない事を保障できるそうです。

この方法は、環境を汚染しないと同時にコストも低いそうです。有害廃棄物処理には1トン当たり1800元かかりますが、レンガを作るには1トン当たり700元ですんじゃうとのこと。半額以下! 良いアイディアが生まれたので、確実に実行してほしいですね。

そして、今回の事件の教訓は、人生が貴女に汚染されたミルクを与えたらレンガを作れ。かも!?なんて、こんな教訓を活かさなくても済むように、食品と医薬品については徹底的に点検できるシステムを構築して、安心して生活できるようにしてほしいものですよね…。



2008年11月26日10時45分配信 ギズモード・ジャパン


いろいろな使い方があるんだろうけど…。これはこれで本当に大丈夫なのだろうか。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。