FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 食品ブーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

中国から見た日本、「B級品」の食品がブームに!

中国から見た日本、「B級品」の食品がブームに!

 金融危機が世界を席巻して半年が過ぎた。不景気の中、庶民の生活もしだいに変化している。節約に励む日本の主婦たちの目は、パッケージにキズや汚れがあったり、賞味期限の迫った「B級品」の食品に向いている。

 これまで「B級品」の食品はスーパーの片隅にひっそりと置かれているものであったが、今はかつてないほどに人気を集めている。メーカーの直売店の前には長蛇の列ができ、観光バスがわざわざ立ち寄るほど。「B級品」を取り扱うサイトも人気を博している。

 一部のパン・ケーキメーカーの直売店は特に顕著だ。工場は生産計画を立てる際にある程度の余分を加味するうえ、小売と卸売業者の注文に大きな誤差が発生することもあり、余った分は低価格で処理することになる。昨年の夏から、こういった直売店に多くの客が押し寄せるようになった。

 神奈川県藤沢市のある有名なケーキ工場。正門の傍らにある直売店は主婦たちで溢れていた。店内には、生産し過ぎたり、生産過程で形が崩れたりしてしまった菓子がたくさん並べられている。このような規格外であっても品質には何の問題もない商品は通常2割引で販売されており、もっと安く売られることもある。たとえば、ロールケーキや焼きプリンなどは半額。たった560円でどら焼きやケーキなど10種類の菓子が買えることもある。商品の数に限りがあるため、午前10時の開店前には行列ができる。ここ最近の1日の来客数は1年前に比べ50%以上も増えたという。

 埼玉県のあるケーキショップの店長はこの現象に頭を悩ませている。B級品の数には限りがあるため、地元の常連客の手に入らないことが多いからだ。桔梗信玄餅は山梨県を代表する土産菓子。近頃、山梨県笛吹市のある桔梗屋にはたくさんの観光客が押し寄せ、観光バスもわざわざ立ち寄っていくという。信玄餅を半額以下で買えることが知れ渡ったためである。

 この店では規格外の商品のほか、市場から回収された賞味期限残り3日の商品を非常に安い値段で販売している。最も人気が高いのは210円の「袋詰め放題」。135円から140円までの信玄餅などのB級の商品を用意されている袋に好きなだけ詰め込むことができる。

 工場の直売店まで足を運ぶのは面倒だが、安い商品を買いたいと考えている消費者のために、「B級品」のオンラインショップも次々と登場している。消費者は家にいながらにして安くて安全な食品を購入することができるのだ。

 日本の有名なグルメ情報検索サイト「ぐるなび」は昨年秋「B級品」の専門ページを開設した。足が全て揃っていないカニなど品質には影響のないキズモノや大量注文が突然取り消されたために残ってしまった高級食品など、各種ランクの食品がすべて揃っている。サイト上には値下げの理由もはっきりと記されている。

 別の会社が経営している有機野菜のオンラインショップも「B級野菜」の専門コーナーを開設し、キズがある、色が悪いなどといった野菜を販売している。昨年末以来、「B級野菜」の種類が拡充され、今年1~2月の1週間あたりの売上高は昨年12月の2~3倍に達したという。

 このほか、日本通販大手のニッセンも伊藤忠食品を通して1000種余りの食品を仕入れ、ネット上で1~5割引で販売している。同社の今年1月と2月の売上量は前年同期の2倍に達しているという。



2009年3月26日12時16分配信 サーチナ


B級品やみきり品って元々人気あったと思うけどなぁ…
スポンサーサイト

韓国でナゼ? 辻調の仏料理講座が人気

韓国でナゼ? 辻調の仏料理講座が人気



 辻調理師専門学校などを運営する辻調グループ校が協力する料理アカデミー「tsuji+I(ツジワン)」(鄭永華院長)が昨年3月にソウルで開校し、フランス料理の講座などが韓国で人気になっている。

 講師陣はすべて辻調グループ校から派遣された日本人講師。「本物の味を韓国に広めたい」と調理器具や厨房(ちゅうぼう)設備をはじめ、トリュフなど韓国では入手困難な食材も日本で調達して使用するという本格的な料理講座だ。レストランのシェフたちも受講しているフランス料理講座をのぞいてみた。(ソウル 水沼啓子)

 ツジワンは、ワインバーやワインスクールなども運営している韓国のワイン販売会社「PDP Wine」から、「食文化を体験できる料理アカデミーを開校したいのでパートナーになってほしい」と、辻調グループ校に協力の依頼があったのが開校のきっかけだ。

 約2年間の準備期間を経て昨春、開校した。その準備の過程では、模擬授業も実施したが、韓国ではなかなか手には入らないフォアグラや子羊の肉といったフランス料理の食材集めに苦労したという。

 ツジワンの施設は、韓国のセレブたちが集うソウル・新沙洞に「PDP Wine」がワイン文化普及のためにオープンした「podo PLAZA」のビル内に設置されている。

 調理器具や厨房設備はすべて日本で調達し、プロ仕様の道具を使って授業を行っている。また、トリュフなどの高級食材は韓国では入手が難しいことから、日本で仕入れている。

 講座は現在、フランス料理のほか、日本料理、製菓・デザートの3コースがあり、今年は中華料理や韓国料理のコースもスタートするという。講座は週に2レッスンあり、6週間で終了。1レッスンの所要時間は2時間半で、1クラス8人に限定。現在、40人が受講中だ。

 受講料は300万ウォン(約20万円)と、かなり高めで、受講生は料理好きの主婦などアマチュアが7、8割。残りはレストランのシェフやフードスタイリストなどで、プロも通う本格的な料理講座だ。

 フランス人ではなく、日本人がフランス料理を教えることについては、フランスのミシュラン社が編集しているレストランの評価を星の数で評価するレストラン・ホテルガイド「ミシュランガイド」の東京版も出版され、日本のフランス料理のレベルが高いことが韓国人の間でも知られるようになったのでとくに抵抗はないという。

 授業はメーンの講師のほか、補助講師2人に通訳が付くというと手厚い態勢で進められる。受講生たちが直接、調理実習するというよりも、講師のデモストレーションを見て、学ぶスタイルが中心だ。

 授業では、調理方法だけでなく、フランス語の料理用語や「フランス人とトリュフのかかわり」といったフランスの食文化に関する蘊蓄(うんちく)にも触れ、受講生たちは熱心にメモを取ったり、「トリュフに替わる食材はありますか」などと質問したりしていた。

 フランス料理講座の講師を務める野口直樹・辻調グループ校助教授(37)は「韓国の場合、フランス料理はまだまだ普及しておらず、日本よりも20年近く遅れている感じで食材や調理器具も手に入りにくい。こちらで何度か食べてみたが、米国スタイルのものが多く、正直言って『これがフランス料理?』と思った。だから受講生の皆さんには、フランス人が愛し、長年に渡って伝えられてきた本物の味を教えたい。ここで学んだ人たちが、韓国に本物のフランス料理を広めてくれたらうれしい」と話していた。



2008年2月8日16時44分配信 産経新聞


意外…と言えば意外かも。

ワイン消費量、中ロで世界の6割へ―仏メディア

ワイン消費量、中ロで世界の6割へ―仏メディア



14日、ワインの消費量は2012年までに、中国とロシアの両国だけで全世界の60%に迫る見込みであるとの見通しが伝えられた。経済的成長に伴い、ワインへの嗜好が高まっていることが背景にある。写真は遼寧省瀋陽市の洋酒専門店。

2009年1月14日、ワインの消費量は2012年までに、中国とロシアの両国だけで全世界の60%に迫る見込みであるとの研究発表が伝えられた。仏AFP通信の報道を環球時報が伝えた。

アルコール飲料国際見本市「ビネクスポ」(VINEXPO/本部=フランス・ボルドー)の調査によると、08~12年の4年間、中露両国におけるワイン消費量の伸びはそれぞれ36.6%と24.4%を示すと推計している。経済成長に伴うワイン嗜好の高まりが背景にあり、12年までにはこの2国だけで全世界の消費量の58%に達するとのこと。なお、世界114か国のワイン消費国および28か国のワイン生産国を対象にした調査では、03~07年の4年間で、ワインの消費量は6%の伸びとなっている。

研究結果を受け、ビネクスポ事務局長のロベール・ベイナ(Robert Beynat) 氏は、「世界的金融危機がワインをはじめとしたアルコール業界に与える影響は限定的なものになると信じている」とした。



2008年1月17日4時12分配信 Record China


中国は最近嗜好が変わってきてるのかな。

日本料理ブーム到来!経営不振で中華から衣替え相次ぐ―イタリア

日本料理ブーム到来!経営不振で中華から衣替え相次ぐ―イタリア



12日、イタリアの華字紙・欧華連合時報は、イタリアの中華レストランが経営不振のため次々と日本料理店に転換していると報じた。写真は中華料理。

2009年1月12日、イタリアの華字紙・欧華連合時報は、イタリアの中華レストランが経営不振のため次々と日本料理店に転換していると報じた。中国新聞社が伝えた。

新型肺炎(SARS)、鳥インフルエンザ、そしてメラミン混入粉ミルク事件などの影響により、イタリアの中華レストランは経営不振にあえいでいる。どうにかこの窮地を脱しようと始まったのが日本料理店への転換。先行者の成功を見て、ほかの中華レストランも続々と後を追っている。

今やイタリアでもっとも引く手あまたといわれている職業は日本料理と寿司の板前。若い中国人料理人の間では日本料理修行のブームが起きている。日本への留学ビザを取得するために、在イタリア日本大使館に問い合わせする者も増えているようだ。今やイタリア全土で流行している日本料理だが、その主な担い手は中国人。欧華連合時報はこれこそ「グローバリズムの時代における多文化融合の代表」であるとして高く評価している。



2008年1月13日11時27分配信 Record China


中華系日本料理のイタリアンって感じだろうか…

ランチがわり?“スイーツ食べ放題”に男性客増加中

ランチがわり?“スイーツ食べ放題”に男性客増加中



どれにしようか迷う!?おいしそうなケーキがいっぱい!
女性に人気の“スイーツ食べ放題”に、最近男性客が増加しているとの情報をキャッチ。どうやら男性と女性ではその使い方に違いがあるようだ。なぜ男性客が増加しているのか、検証してみた。

他の写真も見る: パスタやサンドウイッチなど、軽食も豊富!

「確かに男性のお客様は増えてきています」と話すのは、「SWEETS PARADISE渋谷店」デザート担当マネージャー。「男性はカップルの方だけでなく、男の方同士のグループや、中には1人で見える方もいます」(同マネージャー)。

同店では「ふわふわショート」や「ベリーのケーキ」など、イチゴやベリーを使ったケーキが人気。またドリンクを含め約60種類が並び、ケーキだけでなくパスタやカレー、サンドウィッチ、サラダやスープなどの軽食もある。「サラリーマンの方が昼食をとるために来る事も多いですよ。軽食が豊富な事や、女性と値段が変わらない事から男性にとってはかなりお得なのではないでしょうか」(同マネージャー)。

「デザート王国 渋谷」でも男性客が増加中だという。「会話をしながらスイーツを食べる女性とは違い、男性は黙々と食べる方が多いですね。ハヤシライスなどの軽食もケーキも、どちらも召し上がります」(同店店長)。

昼食に利用して黙々と食べるなど、男性は“おなかを満たす”のが第一目的のよう。しかも2店とも食べ放題で1500円前後と、かなりリーズナブル。不景気の今、軽食とスイーツがおなかいっぱい食べられるスイーツ食べ放題は、男性のランチタイムの選択肢として存在感を深めつつあるようだ。

会話+スイーツを楽しむために来店する女性と、スイーツ+軽食でおなかを満たす男性。男女の目的の違いはあっても、安くておなかいっぱい食べられるスイーツ食べ放題の人気はしばらく続きそうだ。



2008年東京ウォーカー12月25日(木) 13時28分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合


個人的に甘いものは2~3が限界…

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。