FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

秋田名物「みそチャンポン」-先代から妻が引き継ぎ25周年

秋田名物「みそチャンポン」-先代から妻が引き継ぎ25周年



豚肉、イカ、エビのほか、白菜やタケノコなど野菜類を濃厚な「みそ味」でまとめた「みそチャンポン」

 「みそチャンポン」が人気のラーメン店「ラーメンショップ・チャイナタウン」(秋田市卸町2、TEL 018-824-5925)が12月25日、開店25周年を迎えた。

 先代店主の菅野雅春さんは1984年、「秋田の人はみそ味を好む」と当時全国的にも珍しかった「みそ味のチャンポン」を研究。試行錯誤の上、ブレンドした秋田産みそと肉や野菜を一緒に煮詰める独自のレシピで、同店の看板メニュー「みそチャンポン」(830円)を考案した。

 「秋田で1番おいしいラーメンを作りたいが口癖だった」(妻の操さん)という雅春さんは、2001年に46歳で他界。その後、操さんが遺志を引き継ぎ、現在では、県内はもとより、新潟や福岡からもリピーターが訪れる秋田の名物ラーメンとなった。

 操さんは「夫は1杯を大事に作ることにこだわっていた。仕事に関しては妥協を許さない職人気質(かたぎ)の人で、私は泣く泣く仕事していた(笑)」と開店当時を振り返る。

 操さんは「お客様に支えられてここまでやってこれた。これからも1杯に手を抜かない当店の味を守りながら、おいしいラーメンを作りつづけていきたい」と話す。



2008年12月30日13時11分配信 秋田経済新聞


みそチャンポンなんて初めて聞いた。
スポンサーサイト

中国茶:中国茶で人生を味わい深いものに

中国茶:中国茶で人生を味わい深いものに



中国茶の醍醐味は「お茶を味わうこと」です。お茶を味わうことにより人々は癒され、直感が冴え渡り詩を始めとする芸術が生み出され・・・。お茶は舌で味わうだけはもったいない。お茶には実体のない香りや色にも力が宿っているのです。

 『中国茶はなぜあんなに小さいお茶碗でのむのでしょうか?』ひとつにはお茶を小さな器に入れてじっくりと飲むことによってお茶を味わいつくすという意味があるようです。

 中国茶の醍醐味は「お茶を味わうこと」です。お茶を味わうことにより人々は癒され、直感が冴え渡り詩を始めとする芸術が生み出される……。お茶は舌で味わうだけはもったいない。お茶には実体のない香りや色にも力が宿っているのです。

 ◆例えばお茶の香り

 人間が香りを感じるメカニズムについてお話しましょう。人が香りをかぐとニオイの分子が鼻の嗅覚センサーに捕らえられ、分子が鍵穴に入り込み電気信号を発します。その信号が脳を刺激し、香りを感じるのだそうです。香りは人間の脳の最も原始的な部分で認識されるので感情に結びつき、ふとした瞬間に昔の記憶を呼び起こしたりします。つまり目に見えなくても体と心が香りを受け取っているのです。嫌な香りを思い出すと気分が悪くなります。これは心理的なものだけではなく、香りの分子を受け取って体が悪影響を受けているのです。

 ◆そして目で見てお茶を味わう『視覚』

 色は光で出来ています。「赤いりんご」ならりんごに光があたり赤い光だけが反射して視神経に届き脳を刺激します。緑を見ているとほっとしませんか?緑は視覚でとらえることが出来る波長の中間にあります。目が無理なくその色を捉えることができるため脳や視神経がリラックスするのだそうです。さわやかな気分になりたいときには緑茶の緑を見て癒され活力がほしいときには発酵度の高い烏龍茶を。

 小さな部屋でも窓際にお気に入りの色の花をかざったり、美しい自然を描いた掛け軸や写真を立てかけたり・・・。また、CDで美しい音楽を流すのも雰囲気作りになります。ちょっとした工夫でお茶の時間をグレードアップすることができますね。

 そういえばマルセル・プルーストの長編小説『失われた時を求めて』でも物語の始まりはふと口にした紅茶にひたしたマドレーヌの味からでした。今年も数日を残すところとなりましたが、お茶の時間が皆様の味わい深い思い出の1ページとなりますように。



2008年12月29日16時26分配信 サーチナ


中国茶というとプーアル茶とウーロン茶だろうか。

ウナギ偽装で食品会社捜索=中国産を「徳島産」-県警

ウナギ偽装で食品会社捜索=中国産を「徳島産」-県警



 中国産ウナギなどを「徳島産」と偽って販売したとして、徳島県警などは25日、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で、同県阿南市の食品加工会社「タカラ食品」の事務所や倉庫など数カ所を家宅捜索した。
 同社は19日、県から日本農林規格(JAS)法に基づく、表示の是正指示を受けている。 



2008年12月25日23時2分配信 時事通信


それにしてもウナギの偽装が多いなぁ…

ランチがわり?“スイーツ食べ放題”に男性客増加中

ランチがわり?“スイーツ食べ放題”に男性客増加中



どれにしようか迷う!?おいしそうなケーキがいっぱい!
女性に人気の“スイーツ食べ放題”に、最近男性客が増加しているとの情報をキャッチ。どうやら男性と女性ではその使い方に違いがあるようだ。なぜ男性客が増加しているのか、検証してみた。

他の写真も見る: パスタやサンドウイッチなど、軽食も豊富!

「確かに男性のお客様は増えてきています」と話すのは、「SWEETS PARADISE渋谷店」デザート担当マネージャー。「男性はカップルの方だけでなく、男の方同士のグループや、中には1人で見える方もいます」(同マネージャー)。

同店では「ふわふわショート」や「ベリーのケーキ」など、イチゴやベリーを使ったケーキが人気。またドリンクを含め約60種類が並び、ケーキだけでなくパスタやカレー、サンドウィッチ、サラダやスープなどの軽食もある。「サラリーマンの方が昼食をとるために来る事も多いですよ。軽食が豊富な事や、女性と値段が変わらない事から男性にとってはかなりお得なのではないでしょうか」(同マネージャー)。

「デザート王国 渋谷」でも男性客が増加中だという。「会話をしながらスイーツを食べる女性とは違い、男性は黙々と食べる方が多いですね。ハヤシライスなどの軽食もケーキも、どちらも召し上がります」(同店店長)。

昼食に利用して黙々と食べるなど、男性は“おなかを満たす”のが第一目的のよう。しかも2店とも食べ放題で1500円前後と、かなりリーズナブル。不景気の今、軽食とスイーツがおなかいっぱい食べられるスイーツ食べ放題は、男性のランチタイムの選択肢として存在感を深めつつあるようだ。

会話+スイーツを楽しむために来店する女性と、スイーツ+軽食でおなかを満たす男性。男女の目的の違いはあっても、安くておなかいっぱい食べられるスイーツ食べ放題の人気はしばらく続きそうだ。



2008年東京ウォーカー12月25日(木) 13時28分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合


個人的に甘いものは2~3が限界…

経産・農水省 野菜工場普及へ法改正 生産量20倍 特区や補助金も

経産・農水省 野菜工場普及へ法改正 生産量20倍 特区や補助金も



 野菜などを人工的な光や温湿度管理で栽培し生産量を通常の10~20倍に増やすことができる「植物工場」の導入を促進するため、経済産業省と農水省は、農地法の改正などによる特例措置を設ける方針を固めた。来年1月に共同で検討チームを立ち上げて3月末をめどに報告書をまとめ、可能な施策から順次実施する。法改正のほか、植物工場設置を優遇する「構造改革特区」への指定や補助金の創設を検討する。

 民間企業の資本や技術力を活用し食料を増産できる植物工場は、約40%に低迷する「食料自給率」の向上につながると期待されているが、多くの規制が普及の障害になっている。特例措置で普及が進めば、食の安全・安心の確保や地域活性化にもつながりそうだ。

 植物工場は、建物内で光や温湿度を成長に最適な条件に設定し、生産量を大幅に増やすことができる。成長スピードが通常の2~4倍になり、レタスの場合、年20回の収穫が可能。土壌の代わりに容器に入れた養液を利用する水耕栽培が中心で、農薬も必要ない。

 ただ農地法に基づく農地の賃借・取得にかかわる煩雑な手続きに加え、建設コストがビニールハウスの20倍、光熱費も50倍近くかかることなどが普及の障害になっている。このため両省がタッグを組み、植物工場に限定した特例措置を導入する。政府は農業生産法人以外の民間企業による農地の賃借を解禁するなどの農地法改正案を来年の通常国会に提出する準備を進めているが、植物工場についてはさらに踏み込んだ優遇措置を設ける方向だ。

 具体的には、農地の賃借・取得手続きの簡素化のほか、民間企業による農業生産法人への出資が原則10%未満に制限されている規制の緩和などを検討。農地に工場を建設すると、固定資産税などが宅地並みに課税される税制面での優遇も議論する。法改正の必要がない「特区」に指定することも選択肢に入れている。

 このほか、建設費や維持費を軽減するための補助金の支給のほか、品種や栽培技術の開発援助なども導入したい考えだ。

 植物工場は20年以上前からあるが、カゴメやキユーピーなどの大手企業が中心で、全国に約30カ所程度にとどまっている。



2008年12月24日8時4分配信 産経新聞


基本的には良い事だと思うけど、あまり大量に出回れば値崩れ起こして既存の農家がやっていけなくなる可能性もあるから、いろいろ検討が必要な気がする…

三鹿集団に破産命令=中国粉ミルク事件

三鹿集団に破産命令=中国粉ミルク事件



 中国で有害物質メラミンに汚染された粉ミルクを飲んだ乳幼児が腎臓結石になった事件で、有力生産元の1つである乳製品メーカー、三鹿集団(河北省石家荘市)が河北省の裁判所から破産命令を受けたことが24日、明らかになった。三鹿に43%出資しているニュージーランド乳製品最大手フォンテラが発表した。 



2008年12月24日8時55分配信 時事通信


ニュージーランドが一枚噛んでるとはね…

早くも節分の「恵方巻き」予約受付開始 巻き寿司風の"恵方スイーツ"も

早くも節分の「恵方巻き」予約受付開始 巻き寿司風の"恵方スイーツ"も



 2009年の“節分の日”(2月4日)に向けて、早くも各コンビニエンスストアでは同年の「恵方巻き」販売についての概要を発表した。セブンイレブン、ローソンは22日(月)より予約受付を開始。サークルKサンクスは09年1月1日から予約を受け付ける。関西から生まれたこの風習もいまや全国的なものになり、ここ近年はロールケーキ状の“恵方スイーツ”なども登場。無病息災・商売繁盛を願う風習が“季節のお祭り”として広がりをみせている。


 「恵方巻き」は恵方(吉神のいる方位)を向いて太巻きを食べるならわし。カンピョウやキュウリ、玉子焼き、シイタケなど7種類の具が入っており、「福が逃げないように食べ終わるまでは無言」「縁が切れないよう、包丁を使わずに“丸ごと”食べる」など、独特の作法がある。この風習は関西地方で生まれたものだが、2000年代に入って徐々に全国的な知名度を上げていった。ちなみに、09年の恵方は東北東となる。

 セブンイレブンはタレント・森公美子がプロデュースする丸かぶり寿司『森恵方巻』や『森とん汁』を発売。ローソン、サークルKサンクスはオーソドックスな巻き寿司のほか、エビや穴子、玉子焼きを具材にした海鮮巻きも用意。さらにサークルKサンクスはメキシコの薄焼きパン・トルティーヤで具材を巻く洋風巻き『恵方トルティーヤ』を新発売する。

 また、ロールケーキを太巻きのサイズにした“恵方スイーツ”も定番化。セブンイレブンでは海苔に見立てたココアクレープでフルーツや生クリーム、スポンジを巻いた『丸かぶりロールケーキ』を、ローソンでは米粉を使ったスポンジで黒豆入りの小倉クリームを巻いた和風スイーツ『米粉の節分ロール』を新発売。サークルKサンクスでは“七福神”にちなんで7種類のフルーツを入れた『7種のフルーツロール』を発売。各社、定番の太巻き以外の種類を加え、より幅広い世代・エリアへ訴求していく。



2008年12月23日10時0分配信 オリコン


だんだんパチもん臭くなってる気が…

キリン調査:中国のビール消費量は5年連続世界一

キリン調査:中国のビール消費量は5年連続世界一



 キリンホールディングス(東京都中央区、加藤壹康社長) <2503> のキリン食生活文化研究所は18日、2007年の世界主要国のビール消費量に関するリポートを発表し、国別では中国が5年連続で世界第1位にだったことを明らかにした。

 リポートによれば07年、中国のビール消費量は前年比11.8%増の3913万キロリットルで、世界全体の22.3%を占めた。ただ、1人当たりの消費量は国別で55位の28.9リットルで、日本の約6割にとどまった。



2008年12月19日18時8分配信 サーチナ


中国ではやっぱり紹興酒とかが多いのかな?

世界初、クジラしょうゆを開発=山口県〔地域〕

世界初、クジラしょうゆを開発=山口県〔地域〕



 山口県が事務局を務める県食品開発推進協議会と県内しょうゆメーカー「ヤマカ醤油」、水産大学校の3者が連携し、世界初となるクジラ肉が原料のしょうゆを開発した。
 しょうゆの原料となるクジラ肉は、調査捕鯨で捕獲された南氷洋産のミンククジラやイワシクジラ。食肉としてカットされた際の細切れ肉は通常捨てられているが、これを有効活用し、商品化する。
 一般のしょうゆに使う大豆や小麦からなるこうじを原料に加えていることから、魚を原料とするナンプラーなどの魚しょうと比べると臭みがなく、うま味が強いのが特徴。煮物の調味料をはじめ、クジラの刺し身に付けるなど、幅広く料理に使えるという。
 来年6月から県内のデパート、観光地のほか、東京都内でも販売する予定。価格は600~700円程度になる見込み。 



2008年12月18日17時55分配信 時事通信


何かと騒動のあるクジラだけど、これはちょっと味見してみたい。

たけのこ水煮で産地偽装=愛知の業者、架空生産者の写真も-農水省が改善指示

たけのこ水煮で産地偽装=愛知の業者、架空生産者の写真も-農水省が改善指示



 農水省は16日、中国で生産した「たけのこ水煮」などを国産と偽って販売したとして、日本農林規格(JAS)法に基づき、食品製造販売「たけ乃子屋」(愛知県一宮市)に偽装表示をやめるよう改善を指示した。同社は、包材に架空生産者の写真を印刷するなどの工作までしていた。
 農水省によると、同社は昨年7月から今年10月にかけ、熊本市の食品製造「熊本缶詰」など4業者に中国産たけのこ水煮を販売。原料の原産地を「熊本県」「福岡県」などと表示した包材に小分け、包装させた上で買い戻し、自社で製造した偽装商品と合わせ、計約1100トンを首都圏や東海地区のスーパーで販売した。4業者も偽装を認識していたという。 



2008年12月16日20時11分配信 時事通信



改善指示で済むこと自体がおかしい。

「カップヌードル」に初の“ライト食”登場 ~約40%カロリーカット、200 kcal以下に

「カップヌードル」に初の“ライト食”登場 ~約40%カロリーカット、200 kcal以下に



カップヌードル ライト

 日清食品は17日(水)、同社のロングセラーブランド「カップヌードル」より、カロリーを抑えた『カップヌードル ライト』と、『カップヌードル シーフードヌードル ライト』を来年1月に発売することを発表した。同社の従来品『カップヌードル』が364kcalであるのに対し、同商品は198kcalで、約40%のカロリーをカット。“カロリーライト”商品は1971年に同ブランドが誕生して以来、初めてだという。

 同商品の最大の特長は“麺”にある。同社の従来品『カップヌードル』(364kcal)のうち、麺のカロリーは310kcalを占めていたが、同社はこれまで油で揚げていた麺を熱風乾燥させる独自製法 “ミスト・エアードライ製法”によってカロリーの大幅減に成功。また、中心層の一部に食物繊維を練りこんだオリジナル麺を使い、さらなる低カロリー化を実現した。

 「低カロリー」をテーマにした即席麺は多数発売されているが、その多くはコンニャクや春雨を使用。内容量も少ないものが多く、“風味や食べごたえなどの満足度”は低くなりがちだ。同商品も湯戻し後は20~25g少なくなるが、「小麦粉麺を使用していて低カロリー、しかもこれ1つで食事として成立するカップ麺は珍しいと思う」(同社)と自信をみせる。

 なお、具材は定番商品と同じものを使用。スープの風味も変わらず「麺の食感、スープの風味など、既存のカップヌードルファンの方でも満足していただけると思う」(同社)と語り、年間40億円の売上を目指す。

『カップヌードル ライト』と、『カップヌードル シーフードヌードル ライト』は希望小売価格170円。2009年1月5日より順次全国発売される。



2008年12月18日14時18分配信 オリコン


確かに低カロリーって味も低くなりがちなものが多いよね。

<即席ラーメン>国家基準を制定、添加物の量など定める―中国

<即席ラーメン>国家基準を制定、添加物の量など定める―中国



14日、法制晩報はインスタントラーメンに関する国家基準がまもなく正式に施行される見込みであると報じた。栄養成分、添加物の量などが規定される見通しだ。写真は中国のインスタントラーメン。

2008年12月14日、法制晩報はインスタントラーメンに関する国家基準がまもなく正式に施行される見込みであると報じた。

日本で生まれたインスタントラーメンだが、今や中国が世界最大の生産国にして消費国。2007年には489億食を製造、その生産額は357億元に達している。もはや中国人の食生活には欠かせないインスタントラーメンだが、これまで関連する国家基準が制定されていなかった。

新基準では製品に含まれる栄養成分、添加物の量が規定される。栄養に関してはタンパク質を8%以上含むこと、脂肪は22%以下にすることが定められた。添加物に関しては防腐剤などの使用量が厳格に制限されることとなるほか、使用した添加物を包装に明記することが求められる。国際基準に準じた製品を販売していた大手メーカーには問題はないと見られるが、中小メーカーは基準準拠のために多くの変更を迫られるもようだ。



2008年12月15日16時46分配信 Record China


今までは何でもありだったのか…

ロゼワイン:おとそに“黒い真珠”を 迎春ピオーネにごり、三セクが販売 /広島

ロゼワイン:おとそに“黒い真珠”を 迎春ピオーネにごり、三セクが販売 /広島



 ◇百貨店などで
 三次市東酒屋町の第三セクター「広島三次ワイナリー」(山口良次社長)は、正月の「おとそ」用ロゼワイン「迎春ピオーネにごり」(720ミリリットル、税込み2100円)=写真=4800本を同社や広島市のデパート、県内主要酒販店などで限定販売している。
 “黒い真珠”と呼ばれるピオーネを100%使用。ろ過法による特別な仕込み方法で醸造し、酵母などのうま味成分を「にごり」として残した。アルコール分を10%に抑え、コクと香りが楽しめる、甘口タイプのさっぱり味に仕上げた。



2008年12月9日17時4分配信 毎日新聞


おとそにワインってのもオツだな…

都農ワインに産業振興奨励賞 延岡市で「野口賞」授賞式 「定説覆す土づくり」評価

都農ワインに産業振興奨励賞 延岡市で「野口賞」授賞式 「定説覆す土づくり」評価



 旭化成の創業者・野口遵(したがう)にちなみ、新しい産業社会の人材育成や科学技術の振興を目的とした第8回「野口賞」(野口遵顕彰会主催)の授賞式が延岡市であり、産業振興奨励賞に選出された都農町の「都農ワイン」の関係者に賞状が贈られた。

 都農ワインは、都農町などが出資し1994年に設立された第3セクター。96年、都農ワイナリー(同町)のオープンとともにワインの醸造・販売を始めた。現在、15種類のワインを生産しており、これまでに、2006年国産ワインコンクールで金賞を受賞したほか、英国のワイン百科「ワインリポート」でも2度、世界の100選に選ばれている。

 野口賞の選考委員会によると、受賞理由の1つは「定説を覆した土づくり」。ブドウ栽培では肥料の使用量を抑えるのが一般的だが、都農ワインは、地元の農業コンサルタント三輪晋さんと協力して土中の微生物が活発化するよう積極的にたい肥を投入する土づくりに取り組み、土壌中のミネラル分が少ないなどの問題を克服し、ブドウの品質向上や収量増につなげたという。

 9日の授賞式には、都農ワイン設立に携わった都農前町長の河野通継さん(73)と都農ワイン工場長の小畑暁さん(50)、工場長代理の赤尾誠二さん(34)が出席。このうち河野さんは「(小畑さん、赤尾さん、三輪さんの)トリオがしっかり取り組んだ結果、このような栄誉をいただいた。支えてくださった関係者とともに喜びを分かち合いたい」と述べ、小畑さんは「名誉ある賞をいただき心から感謝しています」と喜んだ。



2008年12月11日7時7分配信 西日本新聞


ワインの味はブドウで決まる。ブドウで決まるとうい事は土と水で決まるんだろうなぁ。

ポカポカ温まる冬の夜 ホットワイン 

ポカポカ温まる冬の夜 ホットワイン



ホットワインの量り売りが人気の「フォム・ファス」=東京都豊島区の東武百貨店池袋店(写真:産経新聞)

 ドイツや北欧など欧州の冬に欠かせない飲み物「ホットワイン」。加熱したワインにハチミツやスパイス、オレンジといった風味を加えるだけで簡単に作れるのが魅力だ。最近は、手軽に楽しめる手作りセットや、無駄なく飲める量り売りの店もある。寒い冬の夜、いつもとは違うホットワインで身も心も温まりたい。(中曽根聖子)

 ドイツでは「グリューワイン」、フランスでは「ヴァン・ショー」と呼ばれるホットワイン。独特の風味と甘みが特徴で、クリスマスシーズンには定番の飲み物だ。国内にも愛好者が増え、冬場のメニューに加える飲食店も増えている。

 六本木ヒルズ(東京都港区)で開催中のクリスマスマーケット(25日まで)には、本場ドイツの味を楽しめる店が並び、湯気の立つホットワインを手にソーセージにかぶりつく男女でにぎわっている。

 自宅で簡単に味わえる商品も相次いで登場している。メルシャンは11月、「甘熟ぶどうのおいしいワイン」(赤、白各500ミリリットル、実勢価格620円)に、ハーブやスパイスを数種類ブレンドした小袋を付けて発売。ワインとともに電子レンジや鍋で50度程度に加熱するだけという手軽さだ。ワインの新しい飲み方を提案しようと昨冬初めて販売したところ好評で、今期は前年比約3倍の8万本の販売を見込む。 

 「加熱することでアルコールが適度に抜け、お酒に弱い女性にも飲みやすい。体のしんからポカポカ温まるので、就寝前のリラックスタイムや冷え性の方におすすめ」と同社ワイン営業本部の増田寛子さん。

 三越日本橋本店(中央区)に入る総菜ショップ「ミクニ」には今月、「『自分でつくる』フルーツホットワイン」(840円)が店頭に並んだ。瓶にリンゴやマンゴーなどのドライフルーツとシナモンパウダーが入っていて、ワインとともに温めるだけ。昨年は入荷待ちになるほどの大ヒットで、今年も連日30本以上を売る勢いだ。

 月桂冠が輸入販売する「グリューワイン」(750ミリリットル、赤1155円、白1092円)も好調だ。ドイツ産ワインにシナモンやコリアンダー、クローブなどの香辛料と砂糖が加えてあり、温めると豊かな甘みと香りが広がる。「白は塩味のついたナッツ類に、赤はケーキやクッキーによく合います。薄く切った果物を加えるなどしてアレンジするのもいいですね」と同社広報室の田中伸治さん。

 一方、必要な量だけ買って無駄なく飲みきれる、と評判なのは東武百貨店池袋店(豊島区)にある「フォム・ファス」。ドイツに本社を置くオリーブオイルとワインの量り売り専門店で、オリジナルのホットワインは100ミリリットル単位(315円)で購入できる。高木英理子店長は「毎年楽しみにしてくれるファンの方も増え、1日5リットル程度売れています。パーティーの差し入れにも喜ばれるし、魔法瓶に入れれば外出時にもおいしく飲めます」と話す。

 もちろん、自宅で挑戦してみるのもいい。ワインアドバイザーの資格を持つメルシャンの増田さんは「甘口で渋みが少ないワインが適しており、ボージョレ・ヌーボーの飲み残しや安価なワインで十分。甘酒や熱かん感覚で気軽に楽しんでほしい」とすすめている。



2008年12月12日10時33分配信 産経新聞


ワインにオレンジピール等を入れて楽しむらしい。

八重桜使い新ワイン発売/秦野商議所

八重桜使い新ワイン発売/秦野商議所



 秦野商工会議所は、全国一の出荷量を誇る地元名産の八重桜を使ったスパークリングワイン「八重桜の里 千村」を初めて発売した。今回は千二百本を生産、市内酒店などで販売されている。

 秦野市千村では、江戸時代から神社の祭り費用を捻出(ねんしゅつ)するために八重桜が摘まれていたといわれ、現在でも漬物業者への出荷のほか、現地で塩漬けなどが作られている。約百三十軒の農家で約二千五百本の八重桜があるといわれている。

 ワインは八重桜の梅酢漬けのエキスに白ワインなどを加えたもの。さわやかな口当たりにほのかな桜の香りが広がる。甘みがあり、女性向け。アルコール度数は八度。五百ミリリットルで千三百円(税別)。

 二〇〇六年度から統一ブランドの下に秦野産を使った商品で活性化を図っている同商議所では、〇七年にその第一弾として特産の落花生を使った焼酎「らっかんしょ」を発売。今回の八重桜ワインは第二弾となる。

 同商議所は「ワインとともに八重桜の名所である千村を知ってもらい、実際に足も運んでもらえれば」と話している。



2008年12月11日20時0分配信 カナロコ


魚秀など3社を書類送検=中国産ウナギ偽装―兵庫県警など

魚秀など3社を書類送検=中国産ウナギ偽装―兵庫県警など



 中国産産ウナギかば焼きの産地偽装事件で、兵庫、徳島両県警合同捜査本部は11日、水産物輸入販売会社「魚秀」(大阪市)など3社を不正競争防止法違反容疑で書類送検した。同社社長中谷彰宏被告(44)ら5人は5日、神戸地検に起訴されている。ほかに書類送検されたのは、マルハニチロホールディングス <1334> 子会社「神港魚類」(神戸市)と、水産物輸入販売会社「徳島魚市場」(徳島市)。 



2008年12月11日20時2分配信 時事通信


身が分厚いのは基本的に中国産だよね。

モスが国産肉100%バーガーを発表!

モスが国産肉100%バーガーを発表!



これが国産肉ハンバーガーだ!
マックのクォーター・パウンダーやロッテリアの絶品系バーガーなど“グルメ系”バーガーが業界を席捲するなか、モスバーガーからファーストフードでは前例のない国産牛&豚肉100%使用の新作バーガーが発表された。「とびきりハンバーグサンド」(390円)と「とびきりチーズハンバーグサンド」(420円)の2種類で、12/27(土)からの発売される。

他の写真も見る: ソースとハンバーグはいずれもジューシー!

商品開発部の永野さんによると「最近は産地偽装など食の問題が消費者の関心を集めています。また、他社で素材にこだわり始めたところもあり、これまで国産野菜などを使ってきた弊社としては、それとの差別化も含めて国産の肉を使った商品を開発しました」と言う。「割高感が出ては意味がない」とコストとおいしさのギリギリのラインを試行錯誤し、牛肉6:豚肉4の割合の挽き肉に、タマネギやタマゴなどを入れた“国産ハンバーグ”を完成。「コクがあるし柔らかく、タマネギの甘さも引き立つ」と永野さんが言うとおり、肉汁も存分に味わえる仕上がりのようだ。

一つ特筆すべきはソース。「国産の生トマトを潰して入れたんです。もちろん初の試みで、加工する工場探しが難航しました(笑)」と永野さん。国産トマトのソースだけでは酸味が強くなりすぎるため、デミグラスソースとあわせることで、酸味とコクのハーモニーが楽しめるという。これで390円というのは、まさにモスの面目躍如といったところだろう。

好評ならこのハンバーグに旬の野菜を使った他の商品を出していきたい、というこのモスの試み。食料自給率が40%を切るなか、12/10の記者発表には農水省の幹部も出席するなど“国産バーガー”への期待度は高い。日本の食糧問題改善にもひと役買うこの“安心系”バーガー、12/27(土)から発売されるので、ぜひ一度味わってみたい。



2008年モスが国産肉100%バーガーを発表!


なんだかんだ言われるが(いや、多分、店舗にもよるんだろうが)モスはやっぱり美味しいと思う。

08年“好きな鍋”ランキング、「すき焼き」が不動の人気

08年“好きな鍋”ランキング、「すき焼き」が不動の人気



1位に輝いた「すき焼き」

 寒さが一段と厳しくなるこれからの季節は、身も心も温めてくれる鍋料理が恋しくなるもの。このほどオリコンが、恒例の『好きな鍋ランキング』(複数回答可)を実施したところ、【すき焼き】(62.6%)が3年連続の1位に選ばれた。甘辛い割り下で煮込んだ牛肉と溶き卵の絶妙なコンビネーションは、やはり不動の人気を誇っている。

 たくさんの人たちに親しまれている【すき焼き】は「ごはんにも酒の肴としても合うから」(神奈川県/20代社会人/男性)とほとんどの世代で1位を獲得。「お肉も野菜もたくさん食べられるし、最後にうどんを絡めて食べると最高」(愛知県/40代/女性)とお肉はもちろん締めのうどんに惚れ込む人も多かった。

 2位は、薄切り肉をだし汁にサッとくぐらせていただく【しゃぶしゃぶ】(60.6%)。「あっさりしているし、野菜をたくさん食べられるので健康にもいい」(兵庫県/中・高校生/女性)、「肉の余分な脂が落ちるのがうれしい」(岡山県/20代社会人/女性)というように、そのヘルシーさから、特に女性の高い人気を集めた。

 3位は、こちらもさっぱりと食べることができる【水炊き】(34.9%)。シンプルながら「あっさりしていて、鶏肉も野菜も美味しい」(熊本県/専門・大学生/男性)と素材本来の味を楽しめるのがうれしいところ。さらに「適当な具とポン酢があればいつでもできる」(北海道/40代/男性)と手軽に作ることができるところもポイントに。

 ピリッとした辛さが食欲をそそる【キムチチゲ】(33.2%)は4位、様々な食材を一度に楽しむことができる【ちゃんこ鍋】(30.1%)は5位に登場。また、ここ数年注目を集めている【カレー鍋】(12.8%)も11位にランクインしており、その人気はすっかり定着しているようだ。

 まさにこれからが“鍋シーズン”本番。家族や仲間たちと食卓を囲みながら、お好みの鍋料理に舌鼓を打ってみてはいかがだろうか?

(11月7日~11月11日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、計1,000人にインターネット調査したもの)



2008年12月6日10時0分配信 オリコン


すき焼きもしゃぶしゃぶも、鍋というものじゃない気もするが…

捨てるのモッタイナイ!賞味期限切れ品、スーパーで格安販売

捨てるのモッタイナイ!賞味期限切れ品、スーパーで格安販売



 賞味期限が切れて2年が過ぎた炭酸飲料が10円、1年過ぎたチューブ入り調味料は38円--。東京都江東区の食品スーパーが、「モッタイナイ商品」と称して賞味期限切れの格安商品を専用コーナーに陳列している。

 保健所から指導を受けても、「まだ食べられるものを捨てる方がおかしい。今の日本人は無駄をしすぎ」と撤去を拒否。「期限切れ」と明示しているので、日本農林規格(JAS)法違反には問えないという。

 この店は同区亀戸の「サンケイスーパー」。経営者の水野二三雄さん(76)によると、賞味期限切れの商品専用のコーナーは4、5年前、店舗の2階奥に設置した。

 1畳ほどのスペースには、ケニアの女性環境活動家でノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんの名前と共に「平和賞バンザイ モッタイナイ商品棚」と記された看板が掲げられる。「期限切れ品」「試飲済みです。風味OK」と添え書きもある。

 置かれているのは2006年11月が賞味期限の紅茶パックや炭酸飲料など。半年~1年以上経過したジュース類や缶詰、生産が終了した商品も。大半は100円未満で売られ、06年10月が期限のどくだみ茶は98円だった。

 ◆食品廃棄は「犯罪に等しい」、保健所は弱り顔◆

 水野さんによれば、いずれも正規に仕入れたが、売れ残ってしまった商品。本人が味見もし、品質に問題がないことを確認しているという。水野さんは、「戦時中は落ちているものも食べた。今の日本人はまだ食べられる食品を大量に廃棄しているが、犯罪に等しい行為」と話す。

 だが、各メーカーは取材に対し、「ブランドイメージに傷がつく」と困惑している。

 厚生労働省や農林水産省によると、細菌類の検出や健康被害がなければ食品衛生法には触れず、賞味期限を偽装していなければJAS法上も問題ないという。

 区保健所は度々、文書や口頭で撤去を指導してきたが、店側は従わなかった。同保健所は「品質がすぐ落ちるわけではないが、2年オーバーは想定外。商売人としてのモラルに訴えるしかない」と弱り顔だ。

 激安スーパーで知られる同店は地元では人気で、「数日ならまだしも、2年とは……」と驚く女性客(57)も、「安いから文句は言えない」と苦笑い。常連客という別の女性(56)は「買う側の責任で判断すればいい。食べる物にも困っている人なら背に腹は代えられないと思う」と話していた。



2008年12月5日14時36分配信 読売新聞


モノにもよるが1週間~2週間が限界だと思うが…

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。