FC2ブログ
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 都農ワインに産業振興奨励賞 延岡市で「野口賞」授賞式 「定説覆す土づくり」評価
  4. 食品全般 » 
  5. 都農ワインに産業振興奨励賞 延岡市で「野口賞」授賞式 「定説覆す土づくり」評価

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

都農ワインに産業振興奨励賞 延岡市で「野口賞」授賞式 「定説覆す土づくり」評価

都農ワインに産業振興奨励賞 延岡市で「野口賞」授賞式 「定説覆す土づくり」評価



 旭化成の創業者・野口遵(したがう)にちなみ、新しい産業社会の人材育成や科学技術の振興を目的とした第8回「野口賞」(野口遵顕彰会主催)の授賞式が延岡市であり、産業振興奨励賞に選出された都農町の「都農ワイン」の関係者に賞状が贈られた。

 都農ワインは、都農町などが出資し1994年に設立された第3セクター。96年、都農ワイナリー(同町)のオープンとともにワインの醸造・販売を始めた。現在、15種類のワインを生産しており、これまでに、2006年国産ワインコンクールで金賞を受賞したほか、英国のワイン百科「ワインリポート」でも2度、世界の100選に選ばれている。

 野口賞の選考委員会によると、受賞理由の1つは「定説を覆した土づくり」。ブドウ栽培では肥料の使用量を抑えるのが一般的だが、都農ワインは、地元の農業コンサルタント三輪晋さんと協力して土中の微生物が活発化するよう積極的にたい肥を投入する土づくりに取り組み、土壌中のミネラル分が少ないなどの問題を克服し、ブドウの品質向上や収量増につなげたという。

 9日の授賞式には、都農ワイン設立に携わった都農前町長の河野通継さん(73)と都農ワイン工場長の小畑暁さん(50)、工場長代理の赤尾誠二さん(34)が出席。このうち河野さんは「(小畑さん、赤尾さん、三輪さんの)トリオがしっかり取り組んだ結果、このような栄誉をいただいた。支えてくださった関係者とともに喜びを分かち合いたい」と述べ、小畑さんは「名誉ある賞をいただき心から感謝しています」と喜んだ。



2008年12月11日7時7分配信 西日本新聞


ワインの味はブドウで決まる。ブドウで決まるとうい事は土と水で決まるんだろうなぁ。
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://shokunews21.blog77.fc2.com/tb.php/40-d0bb841d この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。